第67回全日本吹奏楽コンクール(2019/10/26)

去る令和元年10月26日(土)に、青森県青森市の「リンクステーションホール青森」において第66回全日本吹奏楽コンクールが行われ、当団は銀賞を受賞致しました。

全国金賞という目標には届かなかったものの、県大会・東海大会と磨いてきた静大サウンドを青森の地でこの上なく発揮して参りました。この素晴らしい舞台に立てたのは、応援して下さる皆様・三田村先生をはじめとする顧問の先生方・団員の”オール静大”で努力を続けてきたからこそです。

今後も演奏活動に励んでまいりますので、当団を何卒宜しくお願い致します。

 

 

みちのくレポート

コンクールメンバーでないお手伝いの団員は、本番までの時間に東北観光をしてきました!

 

<中尊寺(岩手県)>

中尊寺では軽い登山を体験しました!各所に点在するお堂を経由しつつ金色堂へ行ってきました。

写真NGのため金色堂内の写真はありませんが、仏像は保護のためお堂の中にあり、更にまたガラスの中にありました!

お坊様が念仏を唱える姿をガラス越しに見てきましたよ。

気分はすっかり松尾芭蕉でしたよ!

 

 

 

 

<三内丸山遺跡(青森県)>

山内丸山遺跡は広大な大自然と、木の匂いがとっても素敵でした!

見事に再現された竪穴住居の中に皆で入ったり、教科書でよく見た見張り台を見上げたり。

ボランティアガイドさんが丁寧に案内してくださるなか、存分に縄文時代気分を味わうことができました!

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、観光を通して東北の文化に触れる有意義な時間を過ごすことが出来ました!ボランティアガイドさん、バスの乗務員さん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。